つぎの旅行はどこに行く?

~旅好き主婦の旅のしおりと時々旅行記~

香川にある屋内プール、ツインパル長尾に子連れで行ってきました

スポンサーリンク

f:id:mugichan33:20190806230005j:plain

夏休み前の休日に、香川県にある屋内プールに行ってきました!

ってもう夏休みも半分終わってる~(^_^;)

なかなかブログを書く時間がとれず、、、夏休み後半にかけてどなたかの参考になればと思います!

 

本当はトレスタ白山というホテルにあるレジャープールに行く予定だったのですが、結構な雨が降っていたので、急遽屋内プールに変更することに。

調べてみると、本来の目的地のすぐ近くに屋内プールがありました。

今回は「ツインパル長尾」の屋内プールに子連れで行って来たのでレポします(*^^*)

 

料金は?浮き輪は持ち込み可? 

浮き輪は持ち込み可ですので、持参しました。

玄関入ってすぐのところに、電動の空気入れが置かれてあり自由に使用できます。

チケットは券売機で購入し、プール入口のカウンターに行くと引き換えに丈夫な紙製のリストバンドをつけてくれます。

水着のレンタルや浮き輪の販売もしていました。

 

プール利用料金(温泉付き)

大人1100円

小人750円

見学500円

 

小さな子供も楽しめる?

f:id:mugichan33:20190730235310j:plain

引用:ツインパル長尾公式ホームページよりhttps://www.sanuki-sa.jp/twinpal/

幼児プールは小さな滑り台が2つあって、小さな子でも怖がらずに一人で滑れるくらいの大きさです。

水深も浅く、温水なのでジャグジーみたいで、子連れのお父さんやお母さんもみんな子供を見守りながら浸かってくつろいでいました(*^^*)

 

f:id:mugichan33:20190730235247j:plain

引用:ツインパル長尾公式ホームページよりhttps://www.sanuki-sa.jp/twinpal/

ウォータースライダーはロデオマウンテンという、ちょっとユニークな形です。

身長110cm以上の制限がありますが、身長さえクリアできれば未就学児でも利用できました。

スライダーのところと、プールサイドにも十分な数の監視員さんがいて、安心感があります。

 

プールサイドにベンチがあって、見学できるようになっています。

赤ちゃんを抱っこして見学している方が何組かいました。

 

プールの後は温泉へ 

f:id:mugichan33:20190730235332j:plain

引用:ツインパル長尾公式ホームページよりhttps://www.sanuki-sa.jp/twinpal/

プールの後、温泉へは着替えずに移動することができ、とても便利です。

といっても、ロビーを横切るので、ある程度の体の水分はタオルでとっておいたほうが良いです。

 

赤ちゃん連れで利用するとき 

プール更衣室、温泉脱衣所には、ベビーベッドはありませんでした。

あと浴室内にも、ベビーチェアはなかったです。

まぁ、プールなので必要ないといえばそうなのかもですが、末っ子がよちよち歩きを始めた頃だったので、あればありがたかったなぁと(*^^*)

トイレにもベビーキープはなかったので、それはちょっと困りました。

  

食事について

昼食はプールに来る前に、済ませてきたほうが無難です。

プール施設の玄関入ってすぐのところにカフェがありますが、私たちが訪れたときはほぼ満席でしたが、調理1人、ホール1人でてんてこ舞いな感じでした(^_^;)

できればさっと昼食済ませて早くプールで遊びたいですよね。

メニューはカレー、ピラフ、うどん、かき氷など量は少なめ、料金安めの設定でしたので、プール後や休憩時の利用をおすすめします。

以前は1階にレストランがあったようですが、今は閉店しています。

 

 

プール後のお楽しみあり!

1階に段ボール迷路があり、プールと同じくらい子供たちのテンションが上がりました(*^^*)

無料です!

 

感想

香川といえばレオマワールドのプールが有名ですよね。

大きなスライダーもあり規模が違います!

ただ、やはり立派な施設なので、利用料金が結構高いのです(^_^;)

スライダーは身長や年齢など利用制限があるので、幼稚園児や赤ちゃん連れだとちょっともったいないかな?

というわけで、小さな子連れの場合、レオマよりツインパル長尾のほうがおすすめです(*^^*)