つぎの旅行はどこに行く?

~旅好き主婦の旅のしおりと時々旅行記~

虫歯予防に。ラクレッシュPro乳酸菌タブレットは子供や妊娠中もOKで使いやすい!

スポンサーリンク

f:id:mugichan33:20190816223650j:plain
虫歯予防のため、歯磨き後にラクレッシュプロを使用しています。
今日はラクレッシュプロについてレビューします!

ラクレッシュプロとは?

L8020という乳酸菌を含むタブレットです。

このL8020乳酸菌とは、歯周病、虫歯になったことのない健康な子供の口の中から発見されたヒト由来の乳酸菌です。
虫歯菌にアタックして菌を減らし、虫歯になりにくい口内環境にしてくれます。
ですので、タブレットをなめることを習慣化することで虫歯予防になります。

キシリトールとは何がちがう?

キシリトールは糖アルコールといわれる炭水化物の一種です。甘味料として利用されます。

☆歯垢中の虫歯菌の働きを弱らせ酸を作らせない
☆唾液の分泌を促進し、虫歯になりにくい口腔環境にする
という、2つの面から働きかけ虫歯を予防します。

一方で、L8020乳酸菌は抗菌作用により菌そのものを減少させる働きがあります。

使い方&何歳から使用できる?

製品の説明書きでは、
☆1日3粒を目安に口のなかで溶かして食べること
☆就寝30分前までに食べ終わること
とあります。

また、
☆のどの詰まりを防ぐために1歳半未満のお子様、奥歯の生えていないお子様には与えないでください
とあります。

我が家では、寝る前の歯磨きの後「噛まずになめてね」と言って一粒ずつ食べさせています。
ヨーグルト味で美味しいので、寝る前のお楽しみとなっていますよ。

子供だけでなく、大人、お年寄り、妊娠中でもOKなので、家族全員で使えるのもいいですね。

使ってみての感想

使用して半年ほどになりますが、私も子供も虫歯ゼロをキープできています。
仕上げみがきも毎晩していますが、ラクレッシュプロを食べる習慣があることで安心感があります。
使ってみて嬉しい発見だったのは、朝起きたときに口の中がサラッとしていたこと。

この、口の中のネバネバが感じなくなる
というのもラクレッシュプロの効果の1つだそう。
これは私は大いに実感できました!

ラクレッシュプロとキシリトールタブレット、我が家の場合

キシリトールタブレットは、持ち歩いて、おでかけ先やおやつの後に食べることが多いです。
ラクレッシュプロは寝る前に食べるのがメインとなっています。
我が家では何となく、このような感じで使い分けています。

口内の善玉菌、悪玉菌の割合は2歳半~3歳で決まってしまうそうです。
いかに悪玉菌の割合を低くするかが重要で、将来虫歯で苦しむかどうかに影響するそうです。

子供の歯が生え始める頃、「虫歯菌がうつるから大人が口をつけたものを食べさせてはダメ」「箸を共有してはだめ」と言われませんでしたか?
私はそれがすごくプレッシャーでした(^_^;)
でも実際に、子供の虫歯菌の感染源は母親が約5割、父親が3割だそうです。
なんとか頑張って赤ちゃんの頃はできても、2歳、3歳頃になると正直不可能ではないですか?

虫歯菌をもらわないことに一生懸命になるよりも、歯磨き習慣をもつことや定期的にフッ素塗布に通うなど、虫歯ができにくい環境を作ることを意識することで、私はだいぶ気が楽になりました(^^)

ラクレッシュプロもその1つです。
ご興味のある方はぜひ試してみてくださいね(^^♪

キシリトール100%タブレットはこちらがおすすめ!