つぎの旅行はどこに行く?

~旅好き主婦の旅のしおりと時々旅行記~

空飛ぶいちごハウス!淡路島で体験できる新感覚のいちご狩り

スポンサーリンク

f:id:mugichan33:20190226230942j:plain

 

こんにちは。

 今回は淡路島のおすすめおでかけスポットをご紹介します。

淡路島は四国からも関西方面からもアクセスが良く、日帰りで遠出したいときにちょうど良い場所ですね。

そんな淡路島に今月、新しくいちご狩りができるスポットがオープンしたそうです。

 

 

グリナリウム淡路島

f:id:mugichan33:20190226230942j:plain

ハウスの中で、上下に動く可動式タイプの棚で水耕栽培されています。

このようないちごの栽培方法があるとは、初めて知りました。

うわさ通り「空飛ぶいちご」ですね!

ハウス内ですので、天候に左右されないのも子連れのおでかけにはありがたいポイントです。

雨の日のおでかけ先って結構限られてしまうのです。

 

 

いちごピクニック

ホームページでは「いちご狩り」ではなく「いちごピクニック」とあります。

どのような内容なのでしょうか。

 

【いちごピクニック】プラン

●ご利用料金
4歳以上おひとり様 1000円
3歳以下      無料

●ご利用時間
​最大90分

●プラン内容
・空飛ぶいちごハウスのピクニックエリア入園券
・レジャーシートレンタル
・いちご1パック付き
(1パック分のいちご収穫体験の場合あり)

★いちごの収穫体験&量り売り
【いちごピクニック】プランには含まれておりません。
​園内での別途お支払いで体験いただけます。

出典:GREENARIUM awajshima|グリナリウム 淡路島|いちごピクニック

 

あらかじめ用意されたいちごをいちご棚の下で食べることが、こちらの施設での楽しみ方のようですね。

なんだかお花見みたいでおもしろいですね(*^^*)

いちごの甘い香りいっぱいのハウスの中で、ピクニック。

子供たちが喜ぶこと間違いなしです。

 

料金は3歳以下無料も嬉しいポイントです。

子供料金払っていちご狩りに行っても、たくさん食べれなかったり、食べるより採るほうに夢中になったりするものですよね。

いちご狩りの雰囲気を楽しみたい家族連れやデートスポットにちょうど良いかもしれません。

 

また、1パックでは足りない!という方は、別途料金を払えば、いちご狩りもできるようです。

「空飛ぶいちご」ぜひ採ってみたいですね!

 

 

カフェやレストランも

農家の方が育てたいちごやトマトを使ったメニューです。

ホテルで腕を磨いてきたシェフが腕をふるっているそうです。

f:id:mugichan33:20190226234438j:plain

https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000203506/?screenId=OUW3701より引用

f:id:mugichan33:20190226234440j:plain

https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000203506/?screenId=OUW3701より引用

 

夏はトマト狩りもできるそうで、ぜひ体験してみたい!とわくわくしています。

今月オープンしたばかり。

いろいろと手探りでされている様子がホームページからうかがえました。

いちごピクニックは事前予約が必要です。

予約制なので、当日行ってみたけどいちごがなくて入れなかった!みたいなことがないです。

予約はこちらから↓

www.jalan.net

生育状況にもよりますが、5月下旬頃までしているようです。

春休み、ゴールデンウイークのお出かけ先にいかがでしょうか(*^^*)

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

よろしければ、あたたかい応援のポチをお願いします(*^^*)

 

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

 


家族・子連れ旅行ランキング